Count: 7012
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.3144
2019年07月05日金曜日 13時17分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の旦那が店に入ってきた。この前新聞に載っていた旦那だ。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
無職 Charlietus
「погожий ресурс
<a href=https://ccc.sb>форум кардеров</a>」
はい、お疲れさん。

Cafe日誌No.3143
2019年07月05日金曜日 07時46分
朝方、見馴れない一人の淑女が店に入ってきた。ルームシューズ シュプリームが入ってくるなり店内が静まりかえった。バーボングラスをみつめながら、つぶやきはじめた。
無職 ルームシューズ シュプリーム 7 
「ルームシューズ シュプリームsupreme風 パーカー 通販 copygus.com/syouhinn-73986.htmlブランド コピー 優良店 ルームシューズ シュプリームのバーバリー 時計 偽物?」
この淑女からこの話が出てくるとは思わなかった。

Cafe日誌No.3142
2019年07月05日金曜日 03時11分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある野郎が入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 RimsDut
「moscow hotel center <a href=https://kadashihotel.com/>бронирование отеля в центре москвы</a> отель полянка」
人間もここまで落ちぶれると大したものである。

Cafe日誌No.3141
2019年07月05日金曜日 02時40分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の女殺しが店に入ってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。この女殺しが話すことといえばいつも貴婦人の事だ。
無職 DonaldCed
「<a href=https://hydraru-19.com/>гидра сайт</a> - гидра онион‚ гидра сайт」
小生はその場を逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

Cafe日誌No.3140
2019年07月04日木曜日 23時27分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。聞いたこともない会社のこれまた聞いたこともない肩書きを持つ。JeffreyNicはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 JeffreyNic
「<a href=https://onioncatalog.com/>hydra зеркала</a> - godnotab‚ godnotab」
・・泣きたいだけ泣くがいい。今宵の酒は悲しい酒だ。

Cafe日誌No.3139
2019年07月04日木曜日 15時55分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の年増が店に入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。グッチ偽物財布?は今の仕事の無職を辞めたいというような話をしてきた。
無職 グッチ偽物財布? 6 
「グッチ偽物財布?ヴェルサーチ ジーンズヴェルサーチ ジーンズスーパー コピーwww.iwgoods.com/buranndo-2-c0/kopi-482.htmlグッチ偽物財布?ブランド スーパー コピーグッチ偽物財布?ブランド コピー 優良店 のルイヴィトンヘアークリップ」
未だに過去にすがって生きている。

Cafe日誌No.3138
2019年07月04日木曜日 06時20分
朝方、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。神経に血が通っていないそういう部類の人間だ。HowardSudgeはライムを織り交ぜてリズミカルにこう語った。
無職 HowardSudge
「хованское кладбище официальный сайт

<a href=https://dymovskiy.ru/>хованское кладбище официальный сайт</a>」
なかなか話し上手な坊主だ。

Cafe日誌No.3137
2019年07月04日木曜日 06時20分
朝方、見馴れない一人の若造が店に入ってきた。着やせはするが、体には自信があるらしい。何を思ったのか年増の話しをはじめた。
無職 RobertBoisa
「Изготовление памятников в Москве

<a href=https://pqd.ru>надгробия москва</a>」
子供達が泣いてるぞ・・・。

Cafe日誌No.3136
2019年07月04日木曜日 06時20分
朝方、見馴れない一人の若造が店に入ってきた。着やせはするが、体には自信があるらしい。何を思ったのか年増の話しをはじめた。
無職 EugeneAmins
「перепечинское кладбище

<a href=https://iritual.ru/>перепечинское кладбище</a>」
この若造は金の話しかしてこない。

Cafe日誌No.3135
2019年07月04日木曜日 06時20分
朝方、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。一見してカタギじゃないことが人相で分かる。何を思ったのかレディの話しをはじめた。
無職 LeonardGor
「нотариус Запорожье

<a href=https://www.061.ua/ads/370053>адвокат</a>」
老人のこの言葉がのちのち何人もの人々を苦しめることになろうとは、本人でさえも気づいていなかったのだろう。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK