Count: 6757
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.779
2017年09月18日月曜日 03時57分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある女殺しが入ってきた。この女殺しにつかまったら大概のミスは人生の地獄を見る。小生のむなぐらをつかむと今にもあばれそうな勢いでこう言った。
無職 VvbPhibrE 
「payday day loans
<a href="https://installmentzhtloan.org/">installment loan</a>
fast loans
<a href=https://installmentzhtloan.org/>installment loan</a> ’」
人と同じようにしていないと不安なのだろう。

Cafe日誌No.778
2017年09月18日月曜日 00時06分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある色男が入ってきた。インテリを装ってはいるがかなりワルそうだ・・・。何を思ったのか彼女の話しをはじめた。
無職 Bbbrentow 
「bad credit personal installment loan
<a href="https://cashbadvance.org/">payday loans</a>
payday loan installment
<a href=https://cashbadvance.org/>payday loans</a> ’」
そう言ったBbbrentowの表情は酷く疲れていた。

Cafe日誌No.777
2017年09月17日日曜日 22時24分
他の客も酔いが回ってきた頃に、前に見たことがある紳士が入ってきた。断っておくが、この店はこういう客ばかりじゃない。LnbiStulseは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 LnbiStulse 
「debt counseling
<a href="https://personalloanrgx.org/">personal loan</a>
payday loans no faxing no credit checks
<a href=https://personalloanrgx.org/>personal loan</a> ’」
そう思っただけで実際には何も言わなかった。

Cafe日誌No.776
2017年09月17日日曜日 20時31分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の未成年が店に入ってきた。この界隈じゃ恋人にしたくない未成年ベストテンに入るらしい。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
無職 LmldSlugs 
「cheap no prescription viagra
<a href="https://viagraciom.com">viagra online</a>
try viagra for free
<a href="https://viagraciom.com">viagra</a> ’」
それはここで言う事では無いと思うのだが・・・。

Cafe日誌No.775
2017年09月17日日曜日 17時44分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある御曹司が入ってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。CsbxWinkibは1歩もその場を動こうとしなかった。
無職 CsbxWinkib 
「same day payday loans online
<a href="https://installmentmioloan.org/">installment loans</a>
bad credit loans
<a href=https://installmentmioloan.org/>installment loan</a> ’」
小娘に目がないらしい。

Cafe日誌No.774
2017年09月17日日曜日 07時58分
朝方、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。小生しか話し相手がいないのか真っ先にこちらへやって来た。
無職 KsbvScamma 
「payday loan for
<a href="https://installmentrthcloan.org/">installment loan</a>
cash america payday loans
<a href=https://installmentrthcloan.org/>installment loans</a> ’」
おつむがちょっと弱そうだ。

Cafe日誌No.773
2017年09月17日日曜日 07時54分
朝方、見馴れない一人の野郎が店に入ってきた。店に入る前からBbbrentowは酔っ払っていたらしく、来てそうそう床に吐いた。Bbbrentowは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 Bbbrentow 
「ameriloan payday loan
<a href="https://cashbadvance.org/">payday loans</a>
cash advance loans online
<a href=https://cashbadvance.org/>cash advance</a> ’」
小生ならとてもじゃないが、このような話、恥ずかしくて人前ではできない。

Cafe日誌No.772
2017年09月17日日曜日 07時54分
朝方、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。一見してカタギじゃないことが人相で分かる。LnbiStulseは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 LnbiStulse 
「loans people bad credit
<a href="https://personalloanrgx.org/">personal loans</a>
apply for payday loans online
<a href=https://personalloanrgx.org/>personal loans</a> ’」
可哀想に・・完全に壊れきっている。

Cafe日誌No.771
2017年09月17日日曜日 07時53分
朝方、見馴れない一人のジェントルマンが店に入ってきた。食えない・・・その手の人間だ。このジェントルマンが話すことといえばいつもコギャルの事だ。
無職 CebyvbriedA 
「bad credit absolutely no faxing payday loan
<a href="https://ipersonalloancad.com/">personal loans</a>
instant approval personal loans
<a href=https://ipersonalloancad.com/>personal loan</a> ’」
CebyvbriedAは自分の存在を誰かに知って欲しいのだ。

Cafe日誌No.770
2017年09月17日日曜日 07時40分
朝方、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。多分以前に別の客の連れで来た事があったはずだ。何を思ったのかオバサンの話しをはじめた。
無職 VvbPhibrE 
「instant personal loans
<a href="https://installmentzhtloan.org/">installment loan</a>
apply credit card bad credit
<a href=https://installmentzhtloan.org/>installment loan</a> ’」
自分の親から散々言われてきた言葉なのだろう。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK