Count: 6800
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.1112
2018年02月16日金曜日 12時24分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある彼氏が入ってきた。最近、肉体に衰えを感じると嘆いているらしい。Gbttrocaはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
無職 Gbttroca 
https://writethesis.us.com/
who can i pay to write a paper for me
https://writethesis.us.com/ - help writing thesis
OK’」
何度も何度も同じ言葉を繰り返した。

Cafe日誌No.1111
2018年02月16日金曜日 09時25分
まだ日も高いうちに、前に見たことがあるオヤジが入ってきた。Bdcdroroという名前は覚えるのに一苦労だ。差し出した一杯の水を飲み干すとくたびれた声で一つの話をした。
無職 Bdcdroro 
https://writingbusinessplan.us.com/
research writing
<a href="https://writingbusinessplan.us.com/">write business plan</a>
OK’」
小生はその時Bdcdroroの殺意を確かに感じた・・・。

Cafe日誌No.1110
2018年02月16日金曜日 09時06分
まだ日も高いうちに、前に見たことがあるガキが入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 Gbcopedy 
https://writinghelp.us.com/
collegetermpapers.com
https://writinghelp.us.com/ - paper help
OK’」
この後、Gbcopedyは出入り禁止にさせてもらった。

Cafe日誌No.1109
2018年02月16日金曜日 01時47分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の旦那が店に入ってきた。ここに来るようなタイプには見え無いのだが・・・。Bdcdroroは現地の人間でも分からないのでないかという癖のある訛りでがなりだした。
無職 Bdcdroro 
https://writingbusinessplan.us.com/
write my report for me online
<a href="https://writingbusinessplan.us.com/">startup business plan</a>
OK’」
・・・目が完全にイッてしまってる。

Cafe日誌No.1108
2018年02月16日金曜日 01時46分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 Gbcopedy 
https://writinghelp.us.com/
order custom papers
https://writinghelp.us.com/ - help thesis statement
OK’」
口を開けば愚痴しか言わない。

Cafe日誌No.1107
2018年02月16日金曜日 01時29分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の中年が店に入ってきた。Gbttrocaはウィンクを店にいた女の子に送り(片目だけのウィンクはできないらしい)、女の子から教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 Gbttroca 
https://writethesis.us.com/
i need help writing a personal statement
https://writethesis.us.com/ - thesis writing help
OK’」
読者諸君にここでタネを明かそう。中年はこの時重大な嘘をついていた。

Cafe日誌No.1106
2018年02月15日木曜日 19時21分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある男性が入ってきた。LbdOrdigはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。LbdOrdigは1歩もその場を動こうとしなかった。
無職 LbdOrdig 
「OK’
<a href="https://writebusinessplan.us.com/">business plan writing</a>
college thesis writing services
https://writebusinessplan.us.com/ - written business plan」
要は小生にも無職を薦めているのである。

Cafe日誌No.1105
2018年02月15日木曜日 09時06分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある男が入ってきた。HjnUtindというふざけた名前の男だ。HjnUtindは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 HjnUtind 
「OK’
<a href="https://writingpaper.us.com/"> writing paper</a>
thesis and dissertation writing
<a href=https://writingpaper.us.com/> writing paper</a>」
これのどこが笑える話なのだろうか?

Cafe日誌No.1104
2018年02月15日木曜日 08時21分
朝方、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。HjnUtindは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 HjnUtind 
「OK’
<a href="https://writingpaper.us.com/"> dissertation paper</a>
write my nursing paper
<a href=https://writingpaper.us.com/> write my paper</a>」
愛を捨てたHjnUtindの言葉はあまりにも悲しかった。

Cafe日誌No.1103
2018年02月15日木曜日 06時59分
朝方、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。一見してカタギじゃないことが人相で分かる。自分の人生が今までどんなに不幸だったかを延々と話し始めた。
無職 Fbjglync 
「Hello! All! <a href="https://writeresearchpaper.us.com/">buy research paper</a> <a href=https://writeresearchpaper.us.com/>write my paper</a> ok’」
その横顔は若かりし頃のFbjglyncの母親に瓜二つだった。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK