Count: 6851
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.915
2017年10月18日水曜日 10時04分
まだ日も高いうちに、前に見たことがあるミスターが入ってきた。言わずと知れたBAqzxQuarty団のボスだ。BAqzxQuartyは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 BAqzxQuarty 
「best payday loan sites - https://paydayobns.com/
bad credit payday loan <a href="https://paydayobns.com/">payday loans online</a> ’」
それでよく今まで生きてこれたものだ。

Cafe日誌No.914
2017年10月18日水曜日 08時02分
朝方、見馴れない一人の未成年が店に入ってきた。未成年の美貌に店内中の大和撫子が息をのむ。得意万面で初恋の話をしだした。
無職 Gencesorry 
「cash advance loans - https://paydayceinf.org/
1000 faxless payday loan <a href=https://paydayceinf.org/>payday loans online</a> ’」
眠くなる話だった・・・・。

Cafe日誌No.913
2017年10月18日水曜日 08時01分
朝方、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。BAqzxQuartyはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
無職 BAqzxQuarty 
「personal loan calculator - https://paydayobns.com/
cash instant loan <a href="https://paydayobns.com/">payday loan lenders</a> ’」
うん?どっかで聞いたような台詞だ・・・・・。

Cafe日誌No.912
2017年10月18日水曜日 06時53分
朝方、前に見たことがある英雄が入ってきた。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 Secvvinfush 
「guaranteed bad credit personal loans - https://loansczne.com/
a payday loan lender <a href=https://loansczne.com/>get payday loan</a> ’」
このSecvvinfushは友達がほしくて仕方がない哀れな人物である。

Cafe日誌No.911
2017年10月18日水曜日 06時47分
朝方、見馴れない一人のダンディが店に入ってきた。一度見たら決して忘れる事が出来ない強烈な風貌だ。Fmtygtrocaは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 Fmtygtroca 
「canadian payday loan association - https://loansnerc.org/
no credit check personal loans <a href=https://loansnerc.org/>payday loans online</a> ’」
周りの人間は誰もFmtygtrocaの言葉を聞いていなかった。

Cafe日誌No.910
2017年10月18日水曜日 06時39分
朝方、見馴れない一人の若者が店に入ってきた。若者の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。この若者が話すことといえばいつも人妻の事だ。
無職 KmrcnOrdig 
「quick online payday loans - https://paydaycnrs.net/
loans people bad credit <a href=https://paydaycnrs.net/>get payday loan</a> ’」
KmrcnOrdigを警察に通報するべきか悩むところだ・・・。

Cafe日誌No.909
2017年10月18日水曜日 06時27分
朝方、見馴れない一人の紳士が店に入ってきた。断っておくが、この店はこういう客ばかりじゃない。Matthewwgorは思い出したかのようにこう言い出した。
無職 Matthewwgor
「Смотреть сериалы фильмы

<a href=https://luun.ru>фильмы</a>
<a href=https://luun.ru>сериалы</a>」
そんな事よりさっさとヅラを直したらどうだ。

Cafe日誌No.908
2017年10月18日水曜日 01時51分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のミスターが店に入ってきた。言わずと知れたSecvvinfush団のボスだ。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
無職 Secvvinfush 
「fast payday loan online - https://loansczne.com/
small payday loans <a href=https://loansczne.com/>instant payday loans</a> ’」
・・もう待ち合わせの相手は来ないだろう。

Cafe日誌No.907
2017年10月14日土曜日 21時43分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の学生が店に入ってきた。クリスマスとイースターが一緒に来たかのような酒機嫌だ。この学生が話すことといえばいつも年増の事だ。
無職 Miichaellal
「Новости Башкирии всё самое интресное. новости 2017 года

<a href=https://rb-str.ru>город</a>

<a href=https://rb-str.ru>последние новости сегодня</a>」
この店でのトラブルはごめんだ。

Cafe日誌No.906
2017年10月09日月曜日 08時23分
朝方、前に見たことがある二枚目が入ってきた。自分の人生でさえも脇役を演じている、そういうタイプだ。Vujrtbeivaは現地の人間でも分からないのでないかという癖のある訛りでがなりだした。
無職 Vujrtbeiva 
「cialis 100mg
<a href="https://genericgenericcialis.com/">generic cialis</a>
cialis pills for sale
<a href=https://genericgenericcialis.com/>cialis online</a> ’」
とてもコギャルを恐れている。小生はそう直感した。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK