Count: 6774
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.749
2017年09月14日木曜日 10時09分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある男の子が入ってきた。長生きするとこういう客も珍しくない。Bvujemaileは最近の小娘がいかに腹立つかを力説しはじめた。
無職 Bvujemaile 
「cash advance credit card
<a href="https://paydayaikloans.org/">cash advance</a>
loans personal loans
<a href=https://paydayaikloans.org/>payday loans</a> ’」
本当はこのようなこと一言も思ってはいない。口先だけの男の子だ。

Cafe日誌No.748
2017年09月14日木曜日 09時42分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の女殺しが店に入ってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。VegtStulseはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
無職 VegtStulse 
「loans online
<a href="https://personalloanrgx.org/">personal loans</a>
online payday loan
<a href=https://personalloanrgx.org/>personal loan</a> ’」
何故、本当の自分を偽るのだろうか。

Cafe日誌No.747
2017年09月14日木曜日 09時38分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の巨漢が店に入ってきた。こう見えても金には汚い。BvavScammaはつっけんどんな態度でこう言った
無職 BvavScamma 
「online instant payday loans
<a href="https://installmentrthcloan.org/">installment loan</a>
bad credit personal installment loan
<a href=https://installmentrthcloan.org/>installment loan</a> ’」
その横顔は若かりし頃のBvavScammaの母親に瓜二つだった。

Cafe日誌No.746
2017年09月14日木曜日 09時38分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のホモが店に入ってきた。随分とご機嫌な様子だ。NgtvbriedAは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 NgtvbriedA 
「all payday loan companies
<a href="https://ipersonalloancad.com/">personal loans</a>
same day payday loans direct lenders
<a href=https://ipersonalloancad.com/>personal loans</a> ’」
今ここに一人の神が誕生した。

Cafe日誌No.745
2017年09月14日木曜日 09時24分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のガキが店に入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。NggtPhibrEはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 NggtPhibrE 
「small business loan bad credit
<a href="https://installmentzhtloan.org/">installment loans</a>
apply for a payday loan online
<a href=https://installmentzhtloan.org/>installment loans</a> ’」
それはここで言う事では無いと思うのだが・・・。

Cafe日誌No.744
2017年09月14日木曜日 09時17分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。多分以前に別の客の連れで来た事があったはずだ。差し出した一杯の水を飲み干すとくたびれた声で一つの話をした。
無職 VffcWinkib 
「installment loans no credit check
<a href="https://installmentmioloan.org/">installment loans</a>
quick cash loan
<a href=https://installmentmioloan.org/>installment loan</a> ’」
この英雄もたまには語りたいのだろう。

Cafe日誌No.743
2017年09月14日木曜日 05時38分
朝方、前に見たことがある英雄が入ってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 VrysUtetle 
「loans online fast approval
<a href="https://cashadvancemuil.com/">payday loans online</a>
myaffiliateprogram
<a href=https://cashadvancemuil.com/>payday loans online</a> ’」
本当はこの先も続くのだが、ただ長くなるだけなのでここで割愛させていただく。

Cafe日誌No.742
2017年09月14日木曜日 02時46分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のホモが店に入ってきた。随分とご機嫌な様子だ。Bvujemaileは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 Bvujemaile 
「a fast payday loan
<a href="https://paydayaikloans.org/">payday loans online</a>
1500 dollar payday loans
<a href=https://paydayaikloans.org/>payday loans</a> ’」
小生ならとてもじゃないが、このような話、恥ずかしくて人前ではできない。

Cafe日誌No.741
2017年09月14日木曜日 02時44分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の優男が店に入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。何を思ったか自分は戦前の生まれなんだと激しく主張しはじめた。
無職 BsdcExpevy 
「bad credit personal loan
<a href="https://paydaykmae.com/">payday loans</a>
student loan consolidation
<a href="https://paydaykmae.com/">payday loans online</a> ’」
慰めはいらない。要はそれが言いたいのだろう。

Cafe日誌No.740
2017年09月14日木曜日 02時27分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の男の子が店に入ってきた。神経に血が通っていないそういう部類の人間だ。小生のむなぐらをつかむと今にもあばれそうな勢いでこう言った。
無職 Kmrvrentow 
「quick loans
<a href="https://cashbadvance.org/">cash advance</a>
payday loan company in
<a href=https://cashbadvance.org/>payday loans</a> ’」
Kmrvrentowは終わりの無い迷宮に入り込んでしまっている。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK