Count: 6896
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.1135
2018年03月10日土曜日 04時35分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。Pmdbuidoという名前は覚えるのに一苦労だ。Pmdbuidoはいかに年増というものが素晴らしいかを主張し始めた。
無職 Pmdbuido 
「My!!!
<a href="https://vigrageneic.com/">generic viagra online</a>
viagra brand buy
<a href=https://vigrageneic.com/>viagra pills</a> OK’」
何故、本当の自分を偽るのだろうか。

Cafe日誌No.1134
2018年03月08日木曜日 20時03分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある学生が入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。HnuWaillは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 HnuWaill 
「Hi! Hi!
<a href="https://viagrakjkmn.com/">online pharmacy viagra</a>
viagra soft
https://viagrakjkmn.com/ - buy viagra online OK’」
その横顔は若かりし頃のHnuWaillの母親に瓜二つだった。

Cafe日誌No.1133
2018年03月07日水曜日 15時46分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。聞いたこともない会社のこれまた聞いたこともない肩書きを持つ。自分の人生が今までどんなに不幸だったかを延々と話し始めた。
無職 HnuWaill 
「Hi! Hi!
<a href="https://viagrakjkmn.com/">buy viagra online</a>
female libido viagra
https://viagrakjkmn.com/ - viagra for sale OK’」
今ここに一人の神が誕生した。

Cafe日誌No.1132
2018年02月21日水曜日 17時53分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがある学生が入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。Fvlmainsはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
無職 Fvlmains 
「ok’ https://getaloan.us.org/
100 payday loan
<a href=https://getaloan.us.org/>cash advance online</a>」
それはここで言う事では無いと思うのだが・・・。

Cafe日誌No.1131
2018年02月21日水曜日 17時15分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の二枚目が店に入ってきた。自分の人生でさえも脇役を演じている、そういうタイプだ。Fvlmainsは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 Fvlmains 
「ok’ https://getaloan.us.org/
cash advances online fast payday loans
<a href=https://getaloan.us.org/>pay day loans</a>」
この二枚目もたまには語りたいのだろう。

Cafe日誌No.1130
2018年02月21日水曜日 07時54分
朝方、前に見たことがあるプリンスが入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。MndQuartyはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
無職 MndQuarty 
「OK’ https://loanonline.us.org/
1500 payday loan guaranteed <a href="https://loanonline.us.org/">online loan</a>」
本当はこの先も続くのだが、ただ長くなるだけなのでここで割愛させていただく。

Cafe日誌No.1129
2018年02月21日水曜日 04時36分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の貴公子が店に入ってきた。この貴公子につかまったら大概のお嬢さんは人生の地獄を見る。お嬢さんから教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 LtvOrdig 
「OK’ https://bestpaydayloan.us.org/
plaingreenloans com <a href=https://bestpaydayloan.us.org/>payday loan</a>」
小生ならとてもじゃないが、このような話、恥ずかしくて人前ではできない。

Cafe日誌No.1128
2018年02月21日水曜日 03時41分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある色男が入ってきた。色男はチャック全開に気づいている様子もない。FvrEryncは最近のレディがいかに腹立つかを力説しはじめた。
無職 FvrErync 
「ok’ https://paydayloansnofax.us.org/
loans bad credit
<a href=https://paydayloansnofax.us.org/>payday loans no fax</a>」
慰めはいらない。要はそれが言いたいのだろう。

Cafe日誌No.1127
2018年02月21日水曜日 00時21分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の男が店に入ってきた。MndQuartyというふざけた名前の男だ。MndQuartyは最近のレディがいかに腹立つかを力説しはじめた。
無職 MndQuarty 
「OK’ https://loanonline.us.org/
fast online payday loans <a href="https://loanonline.us.org/">payday loans no credit check</a>」
MndQuartyは終わりの無い迷宮に入り込んでしまっている。

Cafe日誌No.1126
2018年02月20日火曜日 16時30分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の優男が店に入ってきた。FvrEryncが入ってくるなり店内が静まりかえった。この優男が話すことといえばいつも年増の事だ。
無職 FvrErync 
「ok’ https://paydayloansnofax.us.org/
badcredit payday loans
<a href=https://paydayloansnofax.us.org/>no faxing payday loan</a>」
FvrEryncの話よりFvrEryncという名前の方が笑える。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK