Count: 6851
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.815
2017年09月29日金曜日 09時39分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある優男が入ってきた。Ikmeemaileが入ってくるなり店内が静まりかえった。Ikmeemaileはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 Ikmeemaile 
「payday loan cash advance
<a href="https://paydayrvjlo.com/">payday loan lenders</a>
loans poor credit
<a href=https://paydayrvjlo.com/>payday loan</a> ’」
子供達が泣いてるぞ・・・。

Cafe日誌No.814
2017年09月29日金曜日 09時22分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある紳士が入ってきた。この前サツにつかまったと聞いていたが違う人物だったらしい。FvthsExpevyは今の仕事の無職を辞めたいというような話をしてきた。
無職 FvthsExpevy 
「cash now
<a href="https://cashrvyn.com/">cash advance</a>
cash loans no credit check
<a href="https://cashrvyn.com/">payday loans</a> ’」
要するに誰かの悪口が言いたいのだろう。

Cafe日誌No.813
2017年09月29日金曜日 07時30分
朝方、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。何を思ったか自分は戦前の生まれなんだと激しく主張しはじめた。
無職 Ikmeemaile 
「loan payment calculator
<a href="https://paydayrvjlo.com/">payday loan</a>
freedom debt relief reviews
<a href=https://paydayrvjlo.com/>online payday loan</a> ’」
この時のこのIkmeemaileの台詞が果たしてどんな意味を持っていたのか・・・。そのときの小生には予想すらできなかった。

Cafe日誌No.812
2017年09月29日金曜日 07時18分
朝方、見馴れない一人の中年が店に入ってきた。FvthsExpevyはウィンクを店にいた箱入り娘に送り(片目だけのウィンクはできないらしい)、FvthsExpevyはカウンターの上にあったニューヨークタイムズを明読し始めた。
無職 FvthsExpevy 
「loans no bank account
<a href="https://cashrvyn.com/">payday loans</a>
cash money payday loan
<a href="https://cashrvyn.com/">payday advances</a> ’」
殆ど逆ギレだ・・・・・。

Cafe日誌No.811
2017年09月29日金曜日 03時58分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある若者が入ってきた。若者の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。この若者が話すことといえばいつもレディの事だ。
無職 PameUtetle 
「1000 faxless payday loan
<a href="https://installmentsvfacr.com/">installment loan</a>
instant personal loans
<a href=https://installmentsvfacr.com/>get installment loan</a> ’」
そう言って口の周りをゆっくり舐め回した。

Cafe日誌No.810
2017年09月29日金曜日 03時53分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の御曹司が店に入ってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。得意万面で初恋の話をしだした。
無職 Lmazswinge 
「auto loans for bad credit
<a href="https://paydayrvyaf.com/">cash advance credit card</a>
payday advance
<a href=https://paydayrvyaf.com/>payday loans online same day</a> ’」
人と同じようにしていないと不安なのだろう。

Cafe日誌No.809
2017年09月29日金曜日 03時27分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のガキが店に入ってきた。どこにでもいるような人間だ。一枚の写真を取り出すと、目に涙をうかべて話しはじめた。
無職 Micсhaeljesee
「Всё о препартах для лечения гепатитов. В данном разделе вы сможете узнать все о новых препаратах для лечения гепатита С‚ софосбувир‚ даклатасвир‚ велтапасвир‚ ледипасвир итд

<a href=https://h-c-v.net>как заказать daclatasvir</a>
小生はこの時のMicсhaeljeseeの笑顔を未だに忘れない。

Cafe日誌No.808
2017年09月29日金曜日 02時55分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。このプリンスが話すことといえばいつも女郎の事だ。
無職 Lmbtrentow 
「personal loan
<a href="https://cashshybn.com/">cash advance</a>
cash loans not payday loans
<a href=https://cashshybn.com/>cash advance online</a> ’」
世も末だ・・・。

Cafe日誌No.807
2017年09月29日金曜日 01時34分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の男性が店に入ってきた。LqziStulseはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。何を思ったか自分は戦前の生まれなんだと激しく主張しはじめた。
無職 LqziStulse 
「payday loan companies online
<a href="https://paydayvynk.org/">online payday loans</a>
pay day loan affiliate
<a href=https://paydayvynk.org/>online cash advance</a> ’」
まるで小学生の会話だった。

Cafe日誌No.806
2017年09月29日金曜日 00時50分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のガキが店に入ってきた。どこにでもいるような人間だ。差し出した一杯の水を飲み干すとくたびれた声で一つの話をした。
無職 CvecWinkib 
「credit repair
<a href="https://personalvrdcg.org/">bad credit personal loans</a>
100 faxless payday loans
<a href=https://personalvrdcg.org/>apply personal loan</a> ’」
どう聞いても自慢話だった。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK