Count: 7142
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.7191
2020年04月05日日曜日 14時23分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人のお嬢さんが店に入ってきた。一度見たら決して忘れる事が出来ない強烈な風貌だ。ロジェデュブイ コピーはいかにダンディというものが素晴らしいかを主張し始めた。
無職 ロジェデュブイ コピー 1 
「ロジェデュブイ コピーカルティエ カバン メンズカルティエ カバン メンズスーパー コピーcopygus.com/syouhinn-72041.htmlロジェデュブイ コピーブランド スーパー コピーロジェデュブイ コピーブランド コピー 優良店 のルブタン バック」
相変わらずうんちくをたれるのがお好きのようだ。

Cafe日誌No.7190
2020年04月05日日曜日 13時59分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の男の子が店に入ってきた。長生きするとこういう客も珍しくない。何を思ったか自分は戦前の生まれなんだと激しく主張しはじめた。
無職 fropugs
「The purpose of these sessions is to highlight holistic teachings and techniques that help to systematically balance the body‚ mind‚ and spirit in a profound way. <a href="https://lachkraempfe.net/tattoo-lotusblte/">tattoo lotusblГte</a> You get super soft lenses with perfect protection for the eyes light‚ 3 ply printed‚ easy to use‚ comfortable to wear. <a href="https://kursilesehan.net/waage-zwilling-partnerhoroskop/">waage zwilling partnerhoroskop</a> Solange er nicht da ist‚ ist es leicht zu sagen‚ dass man sich auf etwas anderes konzentrieren sollte. <a href="https://lachkraempfe.net/noe-astro-tageshoroskop-lwe/">noe astro tageshoroskop lГ¶we</a>」
fropugsは後半部分は殆ど壁に向かって喋っていた。

Cafe日誌No.7189
2020年04月05日日曜日 11時09分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。神経に血が通っていないそういう部類の人間だ。Gabrielimardはカウンターの上にあったニューヨークタイムズを明読し始めた。
無職 Gabrielimard
「<a href=https://hydramirror2020.com>ссылка гидра</a> - тор гидра‚ hydra зеркало」
もう少しかいつまんで話してもらいたいものだ。

Cafe日誌No.7188
2020年04月05日日曜日 10時39分
まだ日も高いうちに、割とよく来るArlenemuhが入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。Arlenemuhは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
雑誌拾い Arlenemuh
「Хай.
Я Геля.
Познакомлюсь с парнем для встречи. Приеду к тебе на район или встримся у меня. Живу рядом.

<a href=https://myizbushka.cf/idcfyjb/index.html>Давай дружить?!</a> 」
自虐的ジョークがお得意のようだ。

Cafe日誌No.7187
2020年04月05日日曜日 08時53分
朝方、見馴れない一人のダンディが店に入ってきた。一度見たら決して忘れる事が出来ない強烈な風貌だ。Bobbyclumbはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
無職 Bobbyclumb
「Ciao fellas. My wife and I are delighted to locate this group. I’ve been going through my library for this info for hours and I will be convincing my friends to swing on by. The other afternoon I was traversing through the most relevant threads trying to discover a solution to my stifling questions. Now I am inspired to take it to the next level in whatever measures possible. We are getting all maxed out on the different patterns we are seeing. Again I just had to thank you tremendously for such open disclosure. This has moved me out of my comfort zone. Many fresh things are sprouting in my life. Its such a special spot to make conscious connectivity. It is known that I am looking into the topic of <a href=https://www.sedona-psychic.com/services/ascension/ascension-guide-psychic-reading.html><span style="color: #000000">twin flame reading</a>. Leave me a PM if you are researching the same. Thanks for taking a few minutes to read this post. Feel free to leave me your thoughts and I will get back as soon as I can. Well wishes and I’ll chat with you when the time is right.</span>」
小生はその時Bobbyclumbの殺意を確かに感じた・・・。

Cafe日誌No.7186
2020年04月05日日曜日 07時17分
朝方、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。JavierNuadsはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
無職 JavierNuads
「<a href=https://hydra20original.com>hydra зеркало</a> - вход hydra‚ как зайти на гидру」
英雄には二度と口を開かないでもらいたい。

Cafe日誌No.7185
2020年04月05日日曜日 06時05分
朝方、見馴れない一人の女殺しが店に入ってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。大和撫子から教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 Jacobhinty
「<a href=https://hydra20online.com>ссылка на гидру</a> - hydra onion‚ ссылка на гидру」
・・・異次元の何かと交信しているに違いない。

Cafe日誌No.7184
2020年04月05日日曜日 01時14分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の青年が店に入ってきた。青年の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。小生に顔を近づけると口臭を放ちながら喋り出した。
無職 Patrickbef
「<a href=https://hydra2020gate.com>как зайти на гидру</a> - гидра вход‚ гидра зеркала」
口を開けば愚痴しか言わない。

Cafe日誌No.7183
2020年04月04日土曜日 19時51分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の学生が店に入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。この学生が話すことといえばいつも小娘の事だ。
無職 muxpechkk
「Огромное тебе СПАСИБО
_________________
<a href="https://bestsportsgames.xyz/igrat-kazino-ruletku-na-dengi/">Играть казино рулетку на деньги</a>」
脇役でさえ時として物語にいい台詞を残す。

Cafe日誌No.7182
2020年04月04日土曜日 16時22分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。裏の世界しか見てこなかった、世の中にはそういう人間もいる。vityaDutは誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
無職 vityaDut
「<a href=https://www.parkerrussia.ru/sets/giftbox/PR18S-MLT96/>PR10R-MLT2G</a> или <a href=https://www.parkerrussia.ru/parts/inks/PR7Z-BLU1/>PR50B-MLT52</a>

https://www.parkerrussia.ru/pens/duofold/3PR20F-MLT53/
そう言いながらも目線は先ほど店に入ってきた女性に釘付けである。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK