Count: 6757
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.539
2017年08月01日火曜日 07時08分
朝方、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。なぜか、宝塚口調で喋り出した。
無職 Devfler 
「canadian payday loans - https://cashryzadvance.org/
best payday loan lender <a href=https://cashryzadvance.org/>same day payday loan</a> ’」
何故、本当の自分を偽るのだろうか。

Cafe日誌No.538
2017年08月01日火曜日 05時53分
朝方、見馴れない一人の女殺しが店に入ってきた。この女殺しにつかまったら大概の人妻は人生の地獄を見る。人妻から教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 Debduri 
「guaranteed payday loans direct lenders - https://personalaumloan.org/
personal loan <a href=https://personalaumloan.org/>personal loans</a> ’」
その横顔は若かりし頃のDebduriの母親に瓜二つだった。

Cafe日誌No.537
2017年08月01日火曜日 05時40分
朝方、見馴れない一人の彼氏が店に入ってきた。近所のガキどもを集めては金を巻き上げている。そういう話だ。FerSypeはつっけんどんな態度でこう言った
無職 FerSype 
「bad credit car loan - https://paydayavrloans.org/
check cash <a href=https://paydayavrloans.org/>cash advance loans online</a> ’」
今ここに一人の神が誕生した。

Cafe日誌No.536
2017年08月01日火曜日 03時20分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の野郎が店に入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。小生のむなぐらをつかむと今にもあばれそうな勢いでこう言った。
無職 SdeSomi 
「apply loan bad credit - https://paydaytniloans.org/
ca payday loan laws <a href=https://paydaytniloans.org/>pay day loans</a> ’」
まるで悲劇のヒロインだ・・・。

Cafe日誌No.535
2017年08月01日火曜日 03時19分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の色男が店に入ってきた。インテリを装ってはいるがかなりワルそうだ・・・。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 KanZot 
「bad credit instant loans - https://installmentzhtloan.org/
loan payday <a href=https://installmentzhtloan.org/>installment loan</a> ’」
この色男もたまには語りたいのだろう。

Cafe日誌No.534
2017年08月01日火曜日 03時19分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の野郎が店に入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。小生を嬉しそうに見つめ、もったいぶってこう言った。
無職 BszHola 
「payday loans people bad credit - https://loansbadrehcredit.org/
tax debt problems <a href=https://loansbadrehcredit.org/>bad credit loan</a> ’」
本当はこの先も続くのだが、ただ長くなるだけなのでここで割愛させていただく。

Cafe日誌No.533
2017年08月01日火曜日 03時19分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の色男が店に入ってきた。インテリを装ってはいるがかなりワルそうだ・・・。タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 Gyndusy 
「of payday loan - https://paydayaikloans.org/
cash credit card <a href=https://paydayaikloans.org/>payday loans</a> ’」
台詞がどれだけ立派でもこの色男が言っては・・・・・・。

Cafe日誌No.532
2017年08月01日火曜日 03時19分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。多分以前に別の客の連れで来た事があったはずだ。KioZotはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
無職 KioZot 
「a payday loan lender - https://personalukoloan.org/
home loans for bad credit <a href=https://personalukoloan.org/>find personal loan</a> ’」
慰めはいらない。要はそれが言いたいのだろう。

Cafe日誌No.531
2017年07月31日月曜日 04時29分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のガキが店に入ってきた。一度見たら決して忘れる事が出来ない強烈な風貌だ。FtiBagは何を思ったか一冊の本を取り出し、小生に聞こえるよう朗読し始めたのだ!
無職 FtiBag 
「cialis once a day pill
<a href="https://genericcialisndrnc.com">cialis 20mg</a>
best price for cialis
<a href=https://genericcialisndrnc.com>cialis pills</a> ’」
FtiBagはその曇った瞳で何を見ていたのだろうか。

Cafe日誌No.530
2017年07月31日月曜日 04時28分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の男性が店に入ってきた。KopLaurbはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。この男性が話すことといえばいつもマドンナの事だ。
無職 KopLaurb 
「free cialis coupon - https://genericcialisndrnc.com
free samples of cialis <a href=https://genericcialisndrnc.com>cialis 20mg</a> ’」
KopLaurbの話よりKopLaurbという名前の方が笑える。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK