Count: 6800
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.692
2017年08月31日木曜日 01時07分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の中年が店に入ってきた。VerExpevyは店内中の老婆に投げキッスをし、タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 VerExpevy 
「free credit check
<a href="https://paydaynuiloans.org/">payday loans online same day</a>
guaranteed bad credit personal loans
<a href="https://paydaynuiloans.org/">3 month payday loans</a> ’」
この後、VerExpevyは出入り禁止にさせてもらった。

Cafe日誌No.691
2017年08月30日水曜日 23時36分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。一見してカタギじゃないことが人相で分かる。Bkpemaileはいかにレディというものが素晴らしいかを主張し始めた。
無職 Bkpemaile 
「personal loans for debt consolidation
<a href="https://paydayxrnloans.org/">payday loans online same day</a>
payday loans no faxing no credit checks
<a href=https://paydayxrnloans.org/>payday loan</a> ’」
そう言って体をピクピク痙攣させた。

Cafe日誌No.690
2017年08月30日水曜日 19時08分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の優男が店に入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。一枚の写真を取り出すと、目に涙をうかべて話しはじめた。
無職 ByuThulge 
「payday loan with
<a href="https://installmentmioloan.org/">installments loans</a>
loan consolidation
<a href=https://installmentmioloan.org/>online installment loans</a> ’」
社会に対する怒りを小生にぶつけてきた。

Cafe日誌No.689
2017年08月30日水曜日 12時59分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のジェントルマンが店に入ってきた。食えない・・・その手の人間だ。Knrappamsは小生を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 Knrappams 
「car title and payday loan - https://paydayaazloans.org/
application cash fast loan <a href=https://paydayaazloans.org/>fast payday loans</a> ’」
声はでかいが中身は無い。

Cafe日誌No.688
2017年08月30日水曜日 12時32分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のジェントルマンが店に入ってきた。裏の世界しか見てこなかった、世の中にはそういう人間もいる。LmiPouddyはライムを織り交ぜてリズミカルにこう語った。
無職 LmiPouddy 
「installment loan - https://cashccvadvance.org/
payday advance direct lender <a href=https://cashccvadvance.org/>cash advance credit card</a> ’」
思ったほど面白い話ではなかった。

Cafe日誌No.687
2017年08月30日水曜日 12時27分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の野郎が店に入ってきた。店に入る前からKmnSlomyは酔っ払っていたらしく、来てそうそう床に吐いた。なぜか、宝塚口調で喋り出した。
無職 KmnSlomy 
「business loans bad credit - https://installmentvnyloan.org/
fast payday loan <a href=https://installmentvnyloan.org/>installment loans poor credit</a> ’」
これのどこが笑える話なのだろうか?

Cafe日誌No.686
2017年08月30日水曜日 09時05分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。多分以前に別の客の連れで来た事があったはずだ。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 LvtOrdig 
「freedom debt relief reviews - https://paydaymmkloans.org/
debt solutions <a href=https://paydaymmkloans.org/>payday day loans</a> ’」
愛されたい。小生にはそう言っているようにしか聞こえなかった。

Cafe日誌No.685
2017年08月30日水曜日 08時33分
朝方、見馴れない一人のミスターが店に入ってきた。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。NioEpipleはライムを織り交ぜてリズミカルにこう語った。
無職 NioEpiple 
「car loans for bad credit - https://personalaxrloan.org/
bad credit <a href=https://personalaxrloan.org/>bad credit personal loans</a> ’」
NioEpipleは何故か自分の携帯電話が鳴ることに酷く怯えているようだった。

Cafe日誌No.684
2017年08月30日水曜日 07時57分
朝方、見馴れない一人の老人が店に入ってきた。一見してカタギじゃないことが人相で分かる。Kntytrocaはつっけんどんな態度でこう言った
無職 Kntytroca 
「bad credit - https://cashazeadvance.org/
no fax payday loans direct lenders <a href=https://cashazeadvance.org/>cash advance loan</a> ’」
店内の客全員がKntytrocaを優しい眼差しで見つめていた。

Cafe日誌No.683
2017年08月30日水曜日 07時55分
朝方、見馴れない一人の男性が店に入ってきた。Vazcrealeはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。Vazcrealeは一枚一枚時間をかけてゆっくりと妖艶に脱ぎ始めた。
無職 Vazcreale 
「business loan - https://personalndzloan.org/
payday cash advances <a href=https://personalndzloan.org/>quick personal loans</a> ’」
そういう話は自分の胸に閉まっておいたらどうだ。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK