Count: 6774
Welcome to Okusama Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.559
2017年08月02日水曜日 22時43分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の優男が店に入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。マダムから教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 FkoBrop 
「allstate home insurance - https://carinsurance365baz.org/
quotes on car insurance <a href=https://carinsurance365baz.org/>auto insurance companies</a> ’」
小生は無言で酒を注いでやった。

Cafe日誌No.558
2017年08月02日水曜日 22時23分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の男性が店に入ってきた。SawQuepはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。一枚の写真を取り出すと、目に涙をうかべて話しはじめた。
無職 SawQuep 
「buy viagra soft - https://viagraciom.com/
viagra sale online <a href=https://viagraciom.com/>purchase viagra online</a> ’」
何気ない台詞の中に秘めた凶暴性を感じる。

Cafe日誌No.557
2017年08月02日水曜日 22時22分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 FvbMit 
「best generic viagra - https://viagratty.com/
viagra before and after pictures <a href=https://viagratty.com/>online viagra</a> ’」
後半は殆ど聞いていなかった・・・・。

Cafe日誌No.556
2017年08月02日水曜日 22時20分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。VrtNomは現地の人間でも分からないのでないかという癖のある訛りでがなりだした。
無職 VrtNom 
「buy cialis from canada - https://cialisonlin.com/
soft cialis tabs <a href=https://cialisonlin.com/>cialis pills</a> ’」
隣のテーブルで1人のレズビアンがVrtNomの様子を見て笑っていた。

Cafe日誌No.555
2017年08月02日水曜日 15時36分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の男が店に入ってきた。Jrvkiseというふざけた名前の男だ。Jrvkiseは思い出したかのようにこう言い出した。
無職 Jrvkise 
「canadian payday loan companies
<a href="https://paydayikmloans.org/">online payday loans no credit check</a>
usa payday advance
<a href="https://paydayikmloans.org/">payday loan online</a> ’」
Jrvkiseの言葉にはどこか淫靡な響きがある。

Cafe日誌No.554
2017年08月02日水曜日 09時03分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の男性が店に入ってきた。FrvElazyはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。タバコをもみ消すともったいぶったようにこう切り出した。
無職 FrvElazy 
「payday loan laws california
<a href="https://cashbtuadvance.org/">payday advance</a>
best payday loan online
<a href=https://cashbtuadvance.org/>payday advance</a> ’」
FrvElazyが他の客に悪戯を働かないよう注意が必要だ。

Cafe日誌No.553
2017年08月02日水曜日 07時19分
朝方、見馴れない一人のダンディが店に入ってきた。今夜は最悪の気分だ。JtvReorはカウンターの上にあったニューヨークタイムズを明読し始めた。
無職 JtvReor 
「loans no bank account
<a href="https://paydayumaloans.org/">cash advance loans</a>
bad credit payday loans
<a href=https://paydayumaloans.org/>payday loans near me</a> ’」
・・・完全に正気を失っていた。

Cafe日誌No.552
2017年08月02日水曜日 02時43分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人のオヤジが店に入ってきた。LloWoomeという名前は覚えるのに一苦労だ。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか小生にそれをぶつけてきた。
無職 LloWoome 
「1 hour payday loans no faxing
<a href="https://installmentrthcloan.org/">installments loans</a>
bill consolidation loans
<a href=https://installmentrthcloan.org/>bad credit installment loans</a> ’」
・・もう待ち合わせの相手は来ないだろう。

Cafe日誌No.551
2017年08月02日水曜日 02時01分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の若者が店に入ってきた。若者の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。Fvcharpは現地の人間でも分からないのでないかという癖のある訛りでがなりだした。
無職 Fvcharp 
「debt
<a href="https://cashryzadvance.org/">payday advances</a>
ameriloan payday loan
<a href=https://cashryzadvance.org/>online loans</a> ’」
何度も何度も自分に言い聞かせていた・・・。

Cafe日誌No.550
2017年08月02日水曜日 00時43分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。Vflneuroはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
無職 Vflneuro 
「can payday loans garnish your wages
<a href="https://paydayavrloans.org/">cash advance loan</a>
business payday loans
<a href=https://paydayavrloans.org/>fast payday loans</a> ’」
相変わらずうんちくをたれるのがお好きのようだ。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK